江戸堀印刷所

Blog

“ビワパール Paper+ビワパール Ink”で印刷

滋賀県・琵琶湖の淡水真珠「ビワパール」ってご存知ですか?
このビワパールの認知度を上げブランド化の実現を目的とする試みが、滋賀県で行われています。
成安造形大学 地域連携推進センターが滋賀県の委託事業として、滋賀県ブランディングディレクターの服部 滋樹氏(graf代表)と共に、“MUSUBU SHIGA”と連携したブランディング事業を推進する活動を行っています。
そこでこの度開発された、ビワパールの母貝であるイケチョウ貝の貝殻を砕いて練り込んだ「紙」「インク」を使い、名刺を活版印刷するご依頼をいただきました。
弊社でも初めての試みだったのですが、この斬新な取り組みに賛同しチャレンジしてみることに。紙は貝殻の粉のせいか給紙がなかなかうまくいかず、インクも硬めで乗りにくい部分もあったのですが、何とか無事に仕上げることができました。

この名刺は、成安造形大学で開催中の展覧会にて展示中です。
お知らせが遅くなってしまい11月29日(日)の最終日になりますが、琵琶湖方面に遊びに行かれる方は、成安造形大学「キャンパスが美術館」までGO!

*****
2015 秋の芸術月間 セイアンアーツアテンション VOL.7
「MUSUBU SHIGA 空想 MUSEUM – 近江のかたちを明日につなぐ-」

会期|2015 年10 月31日(土)― 11月29 日(日)
休館|11 月11 日(水)、12 日(木)、28 日(土)
時間|12:00-18:00 入場無料
会場|成安造形大学【キャンパスが美術館】
滋賀県大津市仰木の里東4-3-1
http://www.seian.ac.jp/gallery/?category_name=schedule-attention

■湖と、陸と、人々と。MUSUBU SHIGA
滋賀県に培われてきた魅力をより県外へ、世界へと発信しブランド力を高めていく為に発足されたプロ ジェクト。本プロジェクトのブランディングディレクターとして、graf 代表の服部滋樹氏が就任。ソーシャルデザインの視点から、滋賀県の魅力ある「ヒト・コト・モノ」を発見し、むすびあわせながら滋賀県の“これから” をみなさんと考えます。
http://www.musubu-shiga.jp/

濱田 晋 写真集 <それから and then>

写真家の濱田晋さんの写真集を印刷~製本させていただきました。
弊社で印刷している「CHICAGO」を偶然ご覧いただき、このような仕様で制作したいということでご相談いただきました。濱田さんは東京で活躍されておられますが、関西出身なので、できれば制作は地元で・・・とお声がけいただきました。
ほんとうにうれしいご縁です。


使用した紙は、軽くて温かみのある中質紙のアドニスラフ80、印刷は軽オフセットで網点を100線に抑え、敢えてザラッとした感じを表現されています。鮮明なカラー印刷が多い写真集の中で、このような仕様を選ばれた濱田さんのセンスが素敵です。

11月23日(月・祝)~30日(月)まで、東京・目黒区[みどり荘]にて、「それから -and then-」と題した個展を開催されます。今回の展示に合わせ制作された写真集も、100部限定で販売されます。お近くの方はぜひ足をお運びください。

*******
濱田 晋 写真展 - それから and then -

会期:11月23日(月・祝)~11月30日(月)
場所:東京都目黒区青葉台3-3-11 みどり荘3F
時間:12:00~20:00
クロージングパーティ:11月30(月)19:00~21:00
http://midori.so

■Shin Hamada
http://shinhamada.com/

「夜喫茶ヤギー」ショップカード

大阪・阿波座にある「夜喫茶ヤギー」さんのショップカードを印刷させていただきました。
昼間は「喫茶アカリマチ」として営業されている場所で、夜になるとそのまま「夜喫茶ヤギー」と名前を変え、アルコール、喫茶、定食までいただけるお店となっています。おひとりさまにも子連れにもやさしいお店です。
「夜喫茶」という響きが好きです。
アカリマチは奥さま、ヤギーはご主人さまがメインでされていて、とても素敵なご夫婦。モーニングはおじゃましたことがあったのですが、先日仕事帰りに晩ごはんを初体験しました。自分が作るより断然おいしい家庭的なお味の定食で、すっかり癒されてきました。

ショップカードは、夜喫茶をイメージしたいということで、マット感のあるネイビーブルーをご提案いたしました。店名ロゴは、ご友人に描いてもらったというかわいいヤギのイラスト作品から抜粋し、表面に活版印刷で表現しました。手書き感がお店の雰囲気と合っていて、味のあるとてもかわいいカードになったと思います。
裏面はシルバーのオフセットで印刷しています。箔押しと違い、インクの金銀はマットな紙に乗せると落ち着いた色に仕上がるので、夜空のイメージにぴったりでした。
ぜひお店のほうにもほっこりしにいってみてください!

■夜喫茶ヤギー
大阪市西区立売堀3-6-18 ARIBA amidaike 101
Tel&fax.06-6531-8898
営業時間:19:00~24:00(L.O.23:30)
定休日:日曜・祝日
◎地下鉄千日前線・中央線「阿波座駅」2号出口より南へ徒歩3分

■喫茶アカリマチ/Facebook


————————————————-
size : 91×55mm
print : 1/0(活版)、0/1(オフセット)
paper : ビオトープGA-FS ネイビーブルー210kg
color : DIC-620(gold/青口)、DIC-621(silver)

スノーブル-FSのご紹介

用紙メーカーのTAKEOから2015年9月末に新発売された「スノーブル-FS」で、活版印刷見本を印刷させていただきました。TAKEOさんサイトに掲載されている通りですが、「雪のように白く、ふわっとした手触り」で、クッション紙のような風合いがあります。

そのため活版印刷にはとても相性がよく、印圧具合もいい感じに仕上がりました。
白色度が高く表面は微塗工されているので、ラフな中にも上品さが備わっている印象を受けます。
L判158.5kg(約0.25mm厚)〜616kg(約1mm厚)まで7種のラインナップが揃っているのもうれしいですね。同じ紙種でいろんな印刷物の展開ができそうです。また、比較的高価なコットン紙の風合いがほしいけれど価格を抑えたい、という時にもおすすめです。

余談ですが、紙の銘柄の最後に「-FS」とよく付いているのは何の意味かご存知ですか?
環境に配慮された「森林認証紙」であることを表しています。わかりやすくていいですね。ぜひ紙を選ぶ時の参考にしてください。

*****
活版印刷見本をご希望の方は、お送りいたしますので江戸堀印刷所までメールにてご連絡ください。
印圧は「強め」と「弱め」の2種類ありますので、ご希望があればお知らせください。もちろん両方でもOKです!

 

■スノーブル-FS
http://www.takeo.co.jp/finder/search/details.php?d_id=715
雪のように白く、ふわっとした手触りのパッケージ用紙です。スムースな肌合いに、印刷適性を備えています。7種類の厚さを取り揃え、幅広くご愛用いただける汎用性の高さが魅力です。